• HOME

応募を重複しすぎない

アルバイトや社員の求人を探す時には、求人情報誌や求人サイトによって求人を探す方は少なくありません。現代では全域的に求人情報が見られるため、求人情報が当たり前のものとなってきてはいますが、求人に対してマナーを守ることは非常に重要です。マナーを守れないと、相手に不快感を与えてしまいますし、何よりも自分が採用に不利になってしまうためです。
では、具体的にどのようなマナーがあるのかについて見ていきましょう。一つは、応募を重複しすぎないということです。応募を重複することは転職活動や就職活動においては必須である場合もありますが、あまりにも重複しすぎると面接の予定日がかぶってしまうことがあります。
面接の予定日がかぶってしまうと、どちらかの面接を断らなければなりません。面接というものは自分だけでなく、面接先の企業も時間を割いています。それに何より、そのような状況になってしまうと自分の選択肢が減ってしまうのです。
そのため、自分の予定をしっかりと把握し、重複しすぎないように注意しておきましょう。

履歴書の使いまわし

もう一つよく見られるマナー違反が、履歴書の使い回しです。不採用となってしまった職場からは履歴書が返されることも少なくはありませんが、これを使いまわすことはマナーがなっていないと受け取られてしまうこともあります。不採用で返された履歴書はどうしてもしわが残ってしまうため、必ず新しい面接先の場合には新しい履歴書に記述するようにしましょう。
このように、求人に対してのマナーというものはいくつかのものがあります。もちろん、全てのマナーをしっかりと守っておくことが望ましいため、出来るだけ多くのマナーを知ることが大切です。マナーというものは実行に移して大きくプラスに作用することはあまりありませんが、マイナスを防ぐことは出来ます。そのため、出来れば細かい部分まで注意を払うように心がけておきましょう。

Copyright(C) 求人のマナーまとめ All Rights Reserved.